帯状疱疹

帯状疱疹とは

身体の中に潜んでいた水痘・帯状疱疹ウイルスによって起こります。はじめて水痘・帯状疱疹ウイルスに感染した時は、水ぼうそうとして発症し、その後は体内にウイルスが潜伏しています。加齢、過労、ストレスなどが引き金となり、ウイルスに対する免疫力が低下すると、ウイルスが活動を始め、神経を伝って皮膚に到達し、帯状疱疹を発症します。

症状について

身体の左右どちらか一方にピリピリとした痛みと赤い斑点と小水疱が帯状に出現します。胸から背中にかけて最も多くみられますが、顔面や上肢、下肢にも発症します。

皮膚症状が治ると痛みも消えますが、その後もピリピリとした痛みが続くことがあり、帯状疱疹後神経痛といいます。これは神経の損傷によるもので、皮膚症状が重度の場合や夜間眠れないほどの痛みがある方や高齢者に起こりやすいため、注意が必要です。

注意すること

できるだけ安静にし、十分な栄養と睡眠をとりましょう。水疱が破れると細菌感染が起こりやすくなるため、患部は必要以上に触らないように気をつけましょう。

帯状疱疹が他の人にうつることはありません。しかし水ぼうそうに罹ったことのない乳幼児に水ぼうそうを発症させる可能性があります。

治療について

抗ヘルペスウイルス薬により、ウイルスの増殖を抑えます。必要に応じて消炎鎮痛薬や外用薬を使って治療します。