巻き爪・陥入爪

足指の爪の端が内側に弯曲している状態を巻き爪といいます。親指に多くみられます。曲がってきた爪が皮膚に食い込んでしまう状態を陥入爪といい、炎症を起こして痛みを生じることがあります。

治療は、軽度の場合は爪の切り方を見直したり、テーピングをすることにより進行を抑えることができます。化膿している場合には抗生剤で治療します。痛みを生じている場合はフェノール法により変形部分の爪を生えてこないようにする処置を行うことで症状が改善されます。