上まぶたのたるみ

年齢とともにまぶたの皮膚がたるみ、「目が小さく見える」、「視界が狭く感じる」などのご相談を多く受けています。

たるみが軽度の場合は、HIFU(ハイフ:高密度焦点式超音波)による引き締め治療療が適しています。高密度焦点式超音波を、まぶたに適したターゲット層に照射することで、引き締め効果が期待できます。

たるみの自覚症状が軽度な段階でHIFU治療療を始めることで、将来の深刻なたるみの予防につながります。

「ふたえの幅が前より狭くなってきた」、「アイメイクの時に皮膚を持ちあげるようになってきた」、「アイラインがひきづらくなった」といった悩みが出はじめた時がまぶたのたるみのサインです。

ある程度の症状があり外科手術以外の方法ではお悩みが解消されないような高度のたるみでおお困りの場合は、手術にて余剰皮膚を切除する治療法をご提案します。

上まぶたのたるみ治療

上眼瞼たるみ取り手術(アイリフト)

眉毛の下を切開して上まぶたのたるみを改善させる手術です。

施術時間の目安 90分程度
麻酔 局所麻酔
洗顔・シャワー 翌日より可能
メイク 手術部位以外は翌日から可能。手術部位のメイクは抜糸後から可能。
術後経過について
  • 手術当日は傷の部分にガーゼを当てます。
  • まぶたの強い腫れは1~2週間で引いていきます。
  • 内出血は1~2週間程度かけて落ち着きます。
  • 傷跡の赤みは2,3か月かけて落ち着き、その後時間をかけて目立たなくなります。初めに出る赤みはメイクでカバーできる程度です。
術後通院 翌日手術部位のチェック、1週間前後で抜糸
カウンセリング当日の施術 不可
術前血液検査必要
その他 以下のような方に向いている手術です

  • まぶたが被さっていて視界が狭く感じる。
  • まぶたのたるみにより、ふたえの幅が狭くなった。
  • アイメイクをする時にまぶたを持ち上げないとうまくできない。

未成年の方が手術を受けるには、保護者の同意が必要です。

施術価格(税抜)
麻酔、処方料含む
アイリフト(両側) 260,000円